デリヘル 立川 デリヘル出勤速報は立川だけではなく、 八王子・吉祥寺・国分寺・町田などのデリヘル情報も提供しています。


立川デリヘル出勤速報は、立川をはじめとした、吉祥寺・国分寺 ・八王子・町田など、三多摩エリアのデリヘル情報をお届けするサイトです。コンテンツは立川エリアの【出勤状況・嬢人気ランキング・お得情報】など盛りだくさんです!!

 
 
 
当デリヘル出勤速報へ掲載の有料サイト


【立川コラム - 立川飛行場】

立川飛行場(たちかわひこうじょう)は、東京都立川市に所在する防衛省所管の飛行場。
立川飛行場は、1922年に帝都防衛構想の陸軍航空部隊の中核拠点として開設された。航空基地用地として立川駅北口に広大な土地があり、
燃料輸送や兵員輸送に好都合だった為である。前年に岐阜県各務原で開隊した飛行第五大隊が立川へ移駐し、同隊は1925年に飛行第五連隊へと昇格した。
また、民間空港としても一時共同利用された。1929年には立川と大阪を3時間で結ぶ日本初の定期航空路が開設された。神風号の出発にも利用された。
1933年に民間機は、1931年に開港した東京飛行場(現:東京国際空港)へ移転し、以後立川飛行場は陸軍専用となる。
1938年に飛行第五連隊の戦闘中隊は飛行第五戦隊に改編され、翌年には千葉県柏へ移駐したため、太平洋戦争中は実戦部隊こそ置かれていなかったが、
陸軍航空の研究・開発・製造の一大拠点として重要な地位を占めていた。立川陸軍航空廠や陸軍航空工廠、陸軍航空技術研究所(1928年移駐)、
陸軍獣医資材廠の他、周辺には軍用機を製造する立川飛行機や日立航空機、昭和飛行機工業など多くの工場が建てられた。
戦争末期には爆撃(立川爆撃)を受け、少年飛行兵による特攻隊(震天隊)が敵機に体当りした。

敗戦に伴い、日本を占領下に置いた連合国の1国であるアメリカ軍により接収。当初滑走路から西側はアメリカ空軍立川基地(立川エア・ベース、
Tachikawa AFB)、東側は極東空軍航空資材廠司令部(FEAMCOM:通称フィンカム基地)であったが、昭和31年に東西両基地が統合された。
その後、アメリカ軍は滑走路の長さが1500mしかなく大型機やジェット機の離着陸ができない立川飛行場の滑走路延長を画策。
基地北側へ拡張しようとしたが、反対する地元地権者と激突する砂川事件になってしまった。
拡張に失敗したアメリカ軍は、代替案として陸軍時代立川飛行場の付属飛行場であった多摩飛行場(現:横田飛行場)に拡張の余地があったことから、
滑走路延長(1,300m→3,350m)と兵員施設を整えた拡張計画を実施した。そして、1969年には移駐を開始し立川飛行場は事実上閉鎖した。

1977年に、日本国政府に返還。その後、広大な跡地の東側は陸上自衛隊駐屯地のほか、海上保安庁・警視庁・東京消防庁など各官公庁の施設が設けられ、
立川広域防災基地となった。1994年には、一部がファーレ立川として再開発された。また跡地中央部は、昭和天皇在位50年を記念して造営された
国営昭和記念公園がある。しかし、残った跡地西側は返還後30年以上たった現在もまだ利用目的が決まっておらず、荒地となっている。
松任谷由実の「LAUNDRY-GATEの想い出」で歌われた、陸軍航空廠の煙突も放置されたままである。

立川基地の返還後、陸上自衛隊の立川駐屯地として再整備され、滑走路は米軍時代より西側の位置に新たに敷設された。
更に現在では広域防災基地としての役割があることから、陸上自衛隊のほかに東京消防庁航空隊や警視庁航空隊のヘリコプターなども共用している。
また、定期的に航空自衛隊の輸送機(C-1)も飛来する。

研究所の屋根裏部屋 その1 立川編@へ
研究所の屋根裏部屋 その1 立川編Aへ  

国分寺 デリヘル・立川 デリヘル・八王子 デリヘル・町田 デリヘル・府中 デリヘル・福生 デリヘル・調布 デリヘル・国立 デリヘル・小平 デリヘル

copy rights (c) 2007 all rights デリヘル出勤速報
ドリームキッス詳細